スポンサーサイト

Posted by しぐる on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲鳴伝

Posted by しぐる on 02.2012
Category : 他文庫
042501

うーん、分厚い。
ということで『悲鳴伝』読み終えました。

最長編ということで、読み応えは抜群。
ただ、化物語が好きで~とかなら合わないかもしれない。

読んでいて一番わくわくしたのは、敵の正体を告げるシーン。
そして一番残念だったのは最後のシーン。

かなり淡々と話は進む。
主人公の特徴をより顕著にさせる為なのか。
そして僕も淡々と読んだ。

次どうなるんだこれ!とか、
あーやばいやばいなんて思うのではなく、
へー。あ、死んだ。あ、危険だ。みたいに。

そんな読み方をして、
最後のシーンで残念に思った。
もう少し先が知りたいなぁと。

主人公に多少でも共感できる部分があると、
この小説は面白く感じるんだと思う。

友達が死んだから悲しいと思わなければいけない。
葬式だからここは泣かなければいけない。
そういう感情を抱いたことがある人間にとって、
この小説はつい惹かれてしまう魅力がある。

スポンサーサイト

黒鋼の魔紋修復士

Posted by しぐる on 08.2012
Category : 他文庫
1204shoimg3.jpg

『黒鋼の魔紋修復士』読み終わりました。

いいでしょうこのタイトル。
~な~で~な俺が~~。みたいに粗筋っすみたいなタイトルではなく、
あーラノベだわ。俺らの求めてたラノベだわ。って感じのタイトル。
あくまでも僕視点ですけどね。

話としては、世間知らずの貴族魔法使いと、
毒舌家で有能な主人公が事件を解決する話。
みたいな感じでしょうか、割とあるような感じの作品です。

他作品と比べて、特に秀でている部分は見受けられなかったのですが、
シンプルなファンタジー作品なのが逆に読んでいて楽しかったです。
もう少し主人公の能力や、
ヒロインの魔法に制限があったほうが良さそうに感じてしまうんですけどね。

ただ彼らの強さとして、
一騎当千の強さを誇らず、割と一般の軍人相手に負傷したりするのはいいですね。
ヒロインとかもっと弱くてもいいぐらい。
じゃなけりゃ、こういった世界で軍なんて発達しないでしょう。

登場するキャラに鎧かぶった女の子がいるんですが、
これ絶対超絶かわいいキャラですよね。フラグですよねこれ。
そこんところが一番気になって気になってもう。
ヒロインの服装がまじエロいところも◎

も女会の不適切な日常

Posted by しぐる on 08.2012
Category : 他文庫
1204shoimg5.jpg

ふう、すっかりさぼってた。
忙しかったんだよといえば聞こえがいいが、
何に忙しかったと言ったら

『ランスクエストマグナム』

頭につく単語でイメージが変わるよね、忙しいって。

さて
『も女会の不適切な日常』読み終わり。

本日はギルティクラウンの1巻発売イベントだったのですが、
道中の時間を利用して読書。

序盤はなんというか、ちょっとダメな女の子3人と男の子一人のラブコメなのかと思った。
あまり粗筋とか読まないので、そのまんま印象通りに。
あーこれハズレかなーなんて。

中盤から一気に作品が変わる。
こっちが素顔だよとでも言うぐらい、ばっさりと。
そしてそれが面白い。

「まず、変えるのは過去じゃない。現在と未来よ。なぜなら、過去において現在は現在にすぎないから。」
このセリフだけで僕の厨房レーダーが過剰反応した。
自分が生き返ったら、それ以上はやり直せないというルールに興奮した。

ただ、最後の部分の終わり方といい、
もう少し1巻として練れた気がしないでもない。
1巻で完結じゃないからこその終わり方な気がしないでもないが。

まぁループ系の作品なので、ニトロプラスのスマガとか好きだった人にはお薦めなのかも。
僕はもちろん、スマガ好きでした。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。